<   2011年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

もう1時間以上前から放送が始まっています。
地元ドバイのラジオ局です。

d0225248_1821138.jpg
[PR]
日本ではスプリングSとフラワーCが終わったところですが、
こちらはまだ昼前で、ナイター開始まで5時間半ほど。
若干ガスってますが、天気は良好、とにかく暑いです。

ブエナビスタ、ヴィクトワールピサ、トランセンド。
日本勢がこんなに分厚いメンバーで挑むドバイワールドカップ。
いよいよこの日がきたか、という感じですが、
興奮を抑えながら中継の準備に入りたいと思います。

d0225248_16441627.jpg
[PR]
強敵の撮影もできました。英国のトワイスオーバーです。
このゼッケン1が、レイティング最上位の証。
前走マクトゥームチャレンジR3も快勝。
実績も馬場適性もあるこの馬が、日本馬に立ちはだかることになるでしょう。

怒涛の更新はこれでおしまいです。
明日の中継に向けた準備もメドがついたので、
これにて退散したいと思います。
(やや業務連絡風)


d0225248_19202834.jpg
[PR]
ブエナビスタとほぼ同時にトランセンドも馬場入り。
AWコースに入り、キャンターで1周しました。

安田隆行調教師
「ここまでジャパンカップダートやフェブラリーSと同じような調教ができました。
寒い日本から気候が変わるので心配していましたが、
良い体調でレースに送り出すことができそうです」


d0225248_16551825.jpg
[PR]
角居厩舎の2頭のあとにブエナビスタが登場。
ライアン・ムーア騎手がまたがってのキャンター。

ライアン・ムーア騎手
「きょうは軽い運動なので状態は分かりませんが、ブエナビスタは気分良く走っていました。
タペタをこなせるかどうかも、レースにいって直線を向くまで分かりませんが、
すごい能力がある馬であることは確信しています。
ドバイワールドカップは、世界中からAランクの馬が集まっていますが、
少しの幸運と不利のない競馬が出来れば勝てる可能性が高くなるでしょう。
日本での震災に心を痛めていますが、
ブエナビスタとともに日本を元気づけられるレースをしたいと思います」

d0225248_16493783.jpg
[PR]
by gch688 | 2011-03-25 16:36
日本馬で先に出て来たのが、角居厩舎の2頭。
AWコースにヴィクトワールピサとルーラーシップ。
モヤで数十メートル先も見えないなかで、
声を掛け合いながらダグで半周、キャンターで1周しました。

ヴィクトワールピサ
d0225248_1620518.jpg

















ルーラーシップ
d0225248_1620833.jpg
[PR]
モヤがとれたところですが、すでに日本の馬たちは、馬場入りを終えています。
報道陣からの問いにも、あのモヤではコメントできないなぁという感じでした。
ただ一様に表情は明るく、明日の本番への準備は済んでいるといった様子。
我々もこれから明日の中継の準備に入りますが、
並行して今朝の様子を怒涛の更新!
予定です。

日本からも応援隊が駆けつけていて、明日が非常に楽しみです。

d0225248_13115778.jpg

[PR]
前日の朝になりました。
馬場入りの様子を見ようと来ているのですが…。
このままだと「モヤでみえず」状態です。
d0225248_10554354.jpg
[PR]
幸運なことに今年は調教師を招いての
プレスカンファレンスがあり、
日本からは角居勝彦調教師が参加しました。

まずヴィクトワールピサについて。
「ドバイへ来てから、ハードな調教でコンディションをあげてきました。
タペタは、速いけどパワーもいる馬場という印象です。
この馬は有馬記念ではスタートよく先行しましたが、
1800mの中山記念では押して行ったけど後方からの競馬でした。
今回はたぶん速い流れになるし、
出しても逃げることにはならないと思います。
ブエナビスタとの対戦については、
東京で負けて、中山で勝っています。
今度はメイダンのタペタで、面白い戦いになるでしょう」

というお話をされていました。
海外のプレスからは、日本を襲った大地震に関することも多く、
馬は大丈夫なのか?影響はないのか?
日本のスタッフが着ているHOPEのシャツを一緒に着たいなど、
日本を心配し、応援してくれているのが伝わってきました。

ちなみにこのあとも海外のテレビの取材も受けており、
その模様は、当日のグリーンチャンネルでも流れる世界向け配信映像で放送されるそうです。


d0225248_16122240.jpg


d0225248_16122555.jpg

[PR]
2時間ほど前にドバイへ到着しました。
そのまま競馬場に向かったのですが、
残念ながら日本馬の調教は終わったあと。

先に現地入りしている記者さんからは、
順調そうだという話を伺いました。
詳しくは、JRAのホームページなどに掲載されますので、
そちらをご覧頂けばと思います。
d0225248_1349204.jpg

[PR]