角居調教師

幸運なことに今年は調教師を招いての
プレスカンファレンスがあり、
日本からは角居勝彦調教師が参加しました。

まずヴィクトワールピサについて。
「ドバイへ来てから、ハードな調教でコンディションをあげてきました。
タペタは、速いけどパワーもいる馬場という印象です。
この馬は有馬記念ではスタートよく先行しましたが、
1800mの中山記念では押して行ったけど後方からの競馬でした。
今回はたぶん速い流れになるし、
出しても逃げることにはならないと思います。
ブエナビスタとの対戦については、
東京で負けて、中山で勝っています。
今度はメイダンのタペタで、面白い戦いになるでしょう」

というお話をされていました。
海外のプレスからは、日本を襲った大地震に関することも多く、
馬は大丈夫なのか?影響はないのか?
日本のスタッフが着ているHOPEのシャツを一緒に着たいなど、
日本を心配し、応援してくれているのが伝わってきました。

ちなみにこのあとも海外のテレビの取材も受けており、
その模様は、当日のグリーンチャンネルでも流れる世界向け配信映像で放送されるそうです。


d0225248_16122240.jpg


d0225248_16122555.jpg

[PR]
by gch688 | 2011-03-24 15:54 | ブログ