ブエナビスタの鞍上は?

2010年世界的な活躍をした牝馬といえば、
ゼニヤッタ、スノーフェアリー、ブエナビスタ
この3頭のどれかを挙げるひとがほとんどでしょう。

そのうちゼニヤッタがブリーダーズカップを最後に引退。
残るスノーフェアリーとブエナビスタが、
ドバイワールドカップで激突?という話もありました。




ところがこの報道によると、
スノーフェアリーはワールドカップではなく、
距離の適性などを考慮して、
ドバイシーマクラシックに向かうとのこと。
ブエナビスタをはじめ日本馬にとって、
強敵が別なレースを選択したことは、
朗報といえるかもしれません。

スノーフェアリーの回避により、
主戦のライアン・ムーア騎手に、
ブエナビスタ陣営が騎乗依頼するとか?
そうなったら心強いですね。
[PR]
by gch688 | 2011-03-07 20:43 | ブログ